理事長?学長からのご挨拶

理事長?学長 山下 敏彦
理事長?学長 山下 敏彦
 亚博足彩は、1950年に戦後初の新制医科大学として開学し、2020年には開学70周年(創基75周年)を迎えました。これまで、医学部は約6,000名、保健医療学部は約2,400名の卒業生を輩出し、それぞれが道内各地はもとより全国そして世界を舞台に、医療活動や教育、保健行政等の分野で大いに活躍しています。
 本学は基本理念として、1.人間性豊かな医療人の育成、2.地域医療サービスの向上、3.国際的?先端的研究の推進を掲げ、以下のような教育?研究?診療活動に取り組んでいます。
1.教育: 本学独自のプログラムとして、両学部の学生が合同で地域医療を体験する「地域医療合同セミナー」があります。これは将来の多職種連携や地域医療への貢献を指向するものです。また「サージカルトレーニングセンター」や「クリニカルシュミレーションセンター」など、新しい教育システムを導入しています。
2.研究: 本学で開発した骨髄間葉系幹細胞製剤による脊髄損傷治療が、2018年に厚生労働省より条件?期限付きで認可され、世界初の保険診療下での脊髄再生医療が展開されています。このほか、本学が伝統的に全国をリードしてきたがん研究においては、がんワクチンの開発に向けた研究が進んでいます。
3.診療: 附属病院において内科系?外科系ともに最高レベルの先進的医療を提供しています。外科系各科においては、手術支援ロボットや内視鏡を用いた低侵襲手術に成果を上げています。「附属病院スポーツ医学センター」では、両学部のスタッフが合同でトップアスリートの診療にあたっているほか、JOC(日本オリンピック委員会)と共同して東京2020など国際大会における日本選手の医学サポートに活躍しています。
 2020年から始まった亚博足彩感染症パンデミックに対しては、本学附属病院はこれまで700名以上の中等症~重症患者を受け入れています。「高度救命救急センター」では、最重症患者に対するECMO(体外式膜型人工肺)による治療を推進し、全国屈指の成績を上げています。また、保健所や他の医療施設にもスタッフを派遣するなどして、北海道のコロナ感染症診療や保健行政に大きく貢献しています。
 本学の建学の精神は、「進取の精神と自由闊達な気風」と「医学?医療の攻究と地域医療への貢献」です。今後も、国際交流を通してグローバルな視野を広げ、先進的な基礎的?臨床的研究を強力に推進し、その成果を地域医療に還元していく所存です。建学70周年を迎えた本学は、その先に望む100周年を目指して、最高レベルの教育?診療?研究を推進するべく、たゆまない歩みを続けてまいります。